NO.6〜10
ひとつ またひとつ「解らない」が

私の前に 横たわってゆく

もしも私が必要とされるなら

「どうか ひとつだけ残して下さい」

答えのカギを与えてくれた
閉ざされた扉の向こうに

何がある? 何が見える?

まとわりつく ざわめきを払い除けて
           打ち壊す

そこには 静かな水があふれていて

美しく狂おしいほどの
      感情が沈んでいた

この扉 閉じては行けない 開け放て

「解らない」が立ち上がる 消えてゆく

ひとつ またひとつ 消えてゆく

NO.6
涙を降らせたら

この部屋に

光が差し込んでくる

光を見たいと願えば

この部屋に

涙が降り注がれる

NO.7
同じ部屋で混ざり合えば

無の扉が開かれる

そこには 自由と平和が

飛んだり泳いだり

優雅に遊んでいる

無の部屋は とても居心地が良く

無の部屋は 私色に染まる

NO.8
「解らない」カギを見つけたら

静かに目を閉じ
焦りを捨てる

地道な想いは

やがて 扉を開きはじめる

耳を澄ませば

聞こえる? 聞こえてくる

心根から 送られてくる 答え

NO.9
パールのような涙

フリルのついた光

透き通る涙の中に

光を閉じ込め ひとつになる

NO.10
ポエムTopページへ